AD SPACE

Tel:0742-52-0880受付10:00~17:00 定休日:土日祝

ホーム > 広告・看板 > 屋外広告のデザインと効果

屋外広告のデザインと効果Effect

距離と最適な文字サイズ

目を引くデザインというのも重要ですが、視認性の高さも非常に重要となっております。
看板に最適な文字サイズは、見られる距離によって違いがあります。 国道沿いや交差点にあるような大きな看板(野立て看板)の場合は遠距離からドライバーに見られるので、文字が小さければ何が書いてあるのかわからないまま通り過ぎられてしまいます。
距離によって最適な文字サイズというのは、国土交通省の公共交通機関旅客施設の移動円滑化整備ガイドラインによって、下記のように設定されております。

視認距離 図記号の基準枠 和文字 英文字
遠距離(40m) 480mm以上 160mm以上 120mm以上
遠距離(30m) 360mm以上 120mm以上 90mm以上
中距離(20m) 240mm以上 80mm以上 60mm以上
近距離(10m) 120mm以上 40mm以上 30mm以上
近距離(5m) 60mm以上 20mm以上 15mm以上

英文字は字画が少ないため和文字よりも小さくても見えやすいです。
太い書体の文字は存在感があり視認性は高いですが、書体に隙間が失われるので遠距離から見た場合に読みづらくなります。
このような事を意識しながら、適切な文字サイズ・適切なフォントを選ぶことが重要です。

また、下記の計算式でも文字の判読距離を出すことができます。

ただし、これは見る側が静止していることを想定したものなので、走行中のドライバーを対象としているロードサイド看板などは文字の大きさを更に1.5倍~2倍ほど大きくしないと視認できない可能性もあります。

フォントの選び方

フォントの種類は、大きく分けて以下の4種類に分類されます。

角ゴシック 標準的なフォント、程よい堅さ
一般企業向け
丸ゴシック 柔らかさ、優しさ
子供向けやリラクゼーション系
明朝体・楷書体 日本らしさ、上品さ
和風の業種
デザイン性のある英語フォント おしゃれ、美しさ
アパレル系や美容向け

各色がもたらすイメージと効果

目にする看板の色で、無意識にその場所の印象を決めていることも多いと思います。 例えば、赤い看板はファストフードなど飲食店、青・緑は塾や病院・ドラッグストア、ピンクだと産婦人科や美容関係といった女性向けのもの、黒はオシャレで高級感のあるイメージがあります。

赤・黄色 食欲を増進する効果があるので、飲食店の看板に使われることが多いです。 しかし、暖色系の色は使いすぎると派手で落ち着かない雰囲気になるので、高級感を出したい時や落ち着いたカフェなどには注意が必要です。
山や森などを連想させ、リラックス効果のある色です。 薬や衛生用品など、体に関連した商品を扱う店では緑がよく使われます。
青・白 青は空や海を連想させる色なので、人の心を落ち着かせたり集中力を高める効果があります。 白や水色は清潔感があるので、これらの色を組み合わせて病院や学習塾などによく使われます。
ピンク 女性的でかわいい色なので、保育園やマタニティ商品、産婦人科、エステサロン、ネイルサロンなどの看板によく使われます。 ピンクは淡い色なので人目を惹くための看板には不向きなのですが、赤や青や黒などの強い色調の色と組み合わせることで、アクセントの効いたデザインになります。
男性的なイメージがあり、男性専用の商品に使われたり、オシャレな店や高級感のある飲食店でもよく使われます。 また、黒には他の色を引き立てる効果もあり、淡い色を使いたい場合などは、黒を部分的に配置すると引き締まった仕上がりになります。 食品の背景としてもよく使われます。
このように、色をうまく使えば目的を持つ人を誘導するときにとても役に立ちます。 看板を作る際はどのような色を使うべきなのか、メリットやデメリットも考えなければなりません。

株式会社アドスペース

奈良県奈良市富雄北2-1-3
富雄北ビル3階
TEL:0742-52-0880
FAX:0742-52-0770
mail:info@adspacenara.co.jp
電話受付時間:午前10時~午後5時
定休日:土日祝・年末年始・夏季・GW

Link

Instagram
株式会社アドスペース

奈良県奈良市富雄北2-1-3 富雄北ビル3階
TEL:0742-52-0880
FAX:0742-52-0770
MAIL:info@adspacenara.co.jp
受付10:00~17:00 定休日:土日祝
お問い合わせ